ビニール袋の有用性について

スーパーマーケットなどで買い物をした後にもらうことが出来るビニール袋。最近は有料というケースが多くなってきました。そのため貴重に感じるようになってきました。このビニール袋の有用性について書いていきます。最大に有用性を発揮できるのは雨の日です。雨の日は雨具などを持っていかないとずぶぬれになってしまいます。体と同じく荷物も濡れてしまうということが少なくありません。その際に役立ちます。袋に通帳や財布など濡れたら困るものなどを入れておけば濡れることなく雨の日も移動することが出来ます。私は雨が降ってもいいように一枚バッグの中に忍ばせています。重くないのもビニール袋の便利な特徴の一つです。これから季節は梅雨を迎えます。天気予報などを見ても予期せぬ雨などが降る日も少なくないでしょう。その際に一枚忍ばせておくのは賢い知恵だと考えています。


ビニール袋の便利な使い方。

何かと便利な物に、ビニール袋があります。特にスーパー等で買物した際に貰える、レジ袋は様々な用途に使えます。中には一度使用したら捨ててしまう方もいるでしょうが、それは大変勿体無い事です。確かに昼食にお弁当やお茶等を購入して、食べ終わった後のゴミを片付けるために、レジ袋にまとめて入れてゴミ箱に捨てるという方法もあります。しかし使用せずに取っておけるとしたら、とりあえず保管しておいた方が良いと思います。まずマイカーでレジャーに出かけようとした時は、持ち手の部分を車内の適当な所に吊るしてゴミ箱代わりになります。さらに水を汲む必要に迫られたときは、紙の空き箱やざるのような物しか無くても、その中にレジ袋を入れて使えば水を入れられます。またレジ袋よりも多少大きめのビニール袋があれば、衣替えの時期には洋服等を入れてタンスの代わりになります。勿論タンスやクローゼット等が充分にある方には必要ないかもしれませんが、単身での短期滞在等でタンスを購入するまでも無い方にとれば重宝すると思います。


ビニール袋の特性を活かして臭いを防ぐ

ビニール袋は、とても役に立ちます。ビニールは、臭いを通しにくい構造になっています。その特性を活かすことで、臭いから様々なものを守ることができています。家で魚を焼くことがあると思います。私は、焼き魚が好きですので、家でよく魚を焼きます。魚は、とても美味しいですが、臭いが残ってしまいます。焼いたときの臭いもそうですが、骨などの食べかすの臭いも気を付けなければいけないと思います。そのまま、ゴミ箱に入れてしまうと、かなり臭いがして、ゴミ箱自体が臭くなりますし、ゴミ箱に蓋があったとしても、開ける度に臭いが部屋に充満してしまいます。ですが、魚の骨などをしっかりとビニールに入れてゴミ箱に捨てれば、一切臭いがしません。臭いが全くしないので、ゴミ箱を開けても臭わず、不快な思いをしなくて済みます。ビニール袋は、とても便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*